七五三前日の準備と参詣方法

七五三の前日に準備する事

七五三を良い思い出にする為に、前日に確認しておく事と準備する事をご紹介いたします。
まず、基本的なスケジュールの確認です。
特に衣装のレンタルや美容院、参拝などは予想以上に時間的に厳しいスケジュールになるので、必ず出発の時間から逆算して、起床、食事、着替えなどスケジュールを立てて置いて、親御さんとお子さんとスケジュールの共有を行いましょう。

そして準備するものですが、まず七五三を映す、カメラやスマートフォンのバッテリーやSDカードの容量を確認しましょう。
とくにバッテリーは充電する時間が必要なので、当日では準備できない事もあるのでしっかりと準備しましょう。

そして忘れてはいけないご祈祷の費用ですが、のし袋にいれて「初穂料」「玉串料」「祈祷料」「御礼」のいずれかを書いて準備しておきましょう。

七五三の参詣の仕方

七五三の参詣の仕方は基本的には初詣などと同じです。
まず、鳥居をくぐったら、帽子やコートを脱いで軽く一礼しましょう。
参道は中央は神様の為の通路なので、中心よりも端を歩きましょう。
手水舎で、ひしゃくに溜めた水で左右の手を清めて、最後にひしゃくに口を着けない様に水を口に含んで口を清めます。

ここから昇殿参拝の方法です。
玉串料を納めて、社殿に昇殿します。
神主さんにお祓いして頂き、その後、祝詞が挙げられます。
その際には皆さんは軽く頭を下げて、祝詞を聞いていましょう。
祝詞が挙げられた後には、玉串を受けとり、神前に奉納しましょう。

最後に、神主さんの指示にしたがって、ニ拝二拍手一拝をします。
その後案内にしたがって降殿し、お守りと千歳あめを受け取って参詣終了です。