七五三の由来と準備について

七五三の準備についてお教えします!

七五三の由来と3歳で行われていた行事

「七五三」とは、公家や武家などが行ってた行事で、昔は医療環境や栄養状態が現代と比較すると悪い為に乳児の死亡率が高く、子供が7歳の前に死んでしまう事も多かったため、子供の健康な成長を祝うと共に7歳まで成長できたことを祝う習慣として七五三が出来た背景があります。

「七五三」はその名の通り3歳、5歳、7歳のお祝いですが、それぞれの年齢で行う事が違います。
3歳のお祝いで行われていた行事は「髪置の儀」といわれるもので、江戸時代には生まれたばかりの子供の毛を剃っておけば、将来健康な髪が生えると信じられていたので、乳児は毛を剃られ坊主で過ごしますが、3歳になると「髪置の儀」を行い、子供の髪を伸ばし始める行事だったようです。

5歳と7歳で行われていた行事

5歳で行われていた行事は「袴儀」と呼ばれるもので、この行事では11月15日に男子が人生で初めて袴を着用する儀式でした。
袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける正装の1つとされていたので、男の子が初めて袴を履くという事は、社会の一員となる入口に立った事を意味していると考えられます。

7歳で行われたいた行事は「帯解の儀」と呼ばれ、これは本来、女の子の着物を結んでいた付け紐に代わって、成人と同じ着物を着て、丸帯をつけ始める事が由来の儀式です。
ひとりで帯が締められる事で、一人前となり社会の一員となる儀式とも言えます。
室町時代以降はこの帯解の儀は男女ともに行われる行事となりました。
また、現在でも7歳の祝いの儀式を「紐解き」と呼ぶ地域も存在します。