ハローワークインターネットサービスでできること

ハローワークインターネットサービスを利用して職に就き安定収入を得る

都道府県労働局が全面的に地域の産業や雇用と失業対策を展開

一般の転職就職サイトは大都市求人に集中した傾向がありますが、ハローワークは地域性が高い特徴があり小規模なものも含みます。 その情報はインターネットを還してサービス展開しています。 また、求人情報は他の就職サイトから検索も可能で、ハローワークに行かずに条件にて検索から問い合わせなども可能になっています。

雇用保険手続きはハローワークでできる

失業して職を失っている状況が継続していれば、アルバイトなどで次の就職まで生活を維持する手もありますが、必要な条件を満たしていると失業保険の給付をハローワークであれば受けられます。 また、就職転職支援のための教育活動もしているので、仕事に就く前に必要最低限のスキルを身につけることも無料で可能になります。

都道府県や地域単位の求人情報が数多く登録されている

ハローワークインターネットは民間の就活サイトと違い、国が運営する地域性の高い総合的雇用サービスで、職業紹介や雇用保険に雇用対策を一体的に提供しています。
全国に544カ所、職員数1万人、相談員数1万5千人の規模になる国の雇用機関となります。
また、求人の紹介斡旋だけではなく、雇用保険や求職支援、雇用対策も実施しています。
職業訓練も無料で受けられ、仕事に就くための準備もできるのはハローワークの特徴でもあります。
昨年のデータになりますが求職利用者数21万8千人、就職者10万5千人の実績を持っています。

今は「ハローワーク」の名で知られていますが、正式には「公共職業安定所」通称「職安」ともいわれています。
職を失った人が利用するイメージが強いのですが、新卒の就職活動やパートタイマーの求人などもあるので、総合的に仕事に就きたい方の利用を主としています。
また、就職や転職、失業保険なども含めて気軽に相談もできて職業訓練も可能な点が特徴になっています。

実は、単に求人を探すだけにとどまらず、仕事について全般的なサービスを提供しているのがハローワークなのです。
これらのサービスを現在はインターネットを還して可能になっているので、以前のようにハローワークに出向かなくても、条件や希望を考慮した求人探しが可能になっていることが便利な点になります。

最近では、民間の就職サイトからハローワークの求人の検索ができるようになっているので利便性がより向上してきているといえます。
仕事の内容も正社員や正規雇用だけではなく、非正規雇用やパート求人なども扱っており、特に地元や地域性の高さもあります。

インターネットを通じて、ハローワークの情報を関連機関や就活サイトなどに提供出来るようになったことは活用範囲を広げ、ハローワークが身近に利用できる大きな理由になっているのです。

ハローワークインターネットで提供するサービスの種類

ハローワークインターネットの可能なサービスは主に求人検索が主になりますが、その他にも関連した情報の提供、仕事の探し方から応募、雇用保険関係、申請などで必要な書類の作成などになります。 また、ハローワークの求人情報は毎日更新され、他の民間の就職系へも情報提供をしています。

TOPへ戻る